​余談ですが…(笑)
『みさお』って名前て…
​コレ…私の名前じゃござーませんでして…。
実は、祖母の名前です。

戸籍上は、『ミサヲ』だそうです。

 

ちなみに…
明治生まれのミサヲお祖母ちゃんは…
ハワイで生まれ、6歳の時に両親に連れられ日本へ。

日本で過ごして数日後、
「ちょっと近所に出掛けてくるから」
と両親はミサヲちゃんに言い残し…

ミサヲちゃんを日本に一人おいて
両親はハワイへ戻ってしまいました。

そんなことを1ミリも知らないミサヲちゃん…
両親の帰りをずっと待ち続け…

そう…そして、
その日からハワイにいる両親・兄弟と離れて、
一人で日本に暮らすことになったのです。

悲劇のヒロイン…
まるでドラマ…(>_<)

いやいや、これだけじゃ終わらないミサヲちゃん!
親戚のお家に身を寄せて過ごし、15歳のある日、
「南米ペルーにステキな日本人男性がいるから、
結婚したら~?」とハワイに住む両親から指令が…。

16歳になった春、男性の顔写真1枚を頼りに、

太平洋を3ヶ月かけて船で横断する事になったのです。

日本からペルーへの航海が始まり1カ月半後…

船は燃料補給のためハワイへ寄港。
その時、船の上で10年ぶりに家族と再会しました

久しぶりに会い、喜ぶ両親から言われたのは…。
「ミサヲ、ペルーにお嫁に行きたくなかったら、
ここで船を降りて家族と暮らしてもいいんだよ」
って…。


それはなくない?
いまさら?

って、もし、私がミサヲちゃんなら反撃開始する!
​もう、信じられない(´;ω;`)
反撃しつつも私ならハワイで船から降りたと…。

でも、ミサヲちゃんはこう言いました。
「いいえ、私はペルーにお嫁に行きます(`・ω・´)」

え~!まじですか!?
行っちゃうの?ぺるーよ?ぺ・る・う!

その時代、外国の情報ないし、ネットも電話も…。
だから逆に行けたのかな…?

ペルーに着いたら、まだ会ったことのない、
写真の男性と…。

そう、待っていたのは当時29歳の祖父。
29歳と16歳が結婚…。
昔はそんなのフツーだよって、いうけど…。

高校生とオジサンじゃない?
ミサヲちゃん、いきなりアラサーと結婚て…。

何もない、荒野を開拓した日本人移民。
移民のヒトたちってすごいな
~(;^ω^)

ちなみに祖父はソコソコ稼ぎ、現地の人を雇って、
ソコソコな暮らしをしていたそうです。

そこでそこそこな一生を終えるのかと思いきや…
今度は戦争予告…。

ペルーにいたら、ヤバい!
逃げなきゃ!

どうなる(; ・`д・´)ミサヲちゃん!?

この話、長いのでもう、この続きを知りたい方は、
みさおで対応します(笑)











 

2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

ヘッディング 6